保育園入園の準備もだいたい終わり、一安心です。
 
フェルトの畑は、ネギを2本追加しました。
とりあえず、これで完成とします。
 
トマトは上手にスライドさせて取っていて、なんだか嬉しくなりました。
 
最近では摘み取ったトマトを畑に埋めています・・。
 
手に取った野菜の名前を言うと、「ネギ」は言えるようです。
「いぇいー」みたいな感じですが(笑)
 
ネギは握りやすいのか、よく掴んでいろんなところでぱんぱん叩いてます。
 

スポンサーリンク

フェルトでネギの作り方

 

用意したのはこんな感じに切ったフェルトです。
 
まずは底の丸と筒の部分を縫い合わせていきます。
筒を縫いながらワタを詰めていきます。
 
緑の部分は、くるっと丸めて空洞を残した状態のものを2つ作ります。
 

その2つの片方の端っこをくっつけてVの字にします。
 
あとは白い筒にくっつけるだけ。

 
白い筒の部分の上部は、特に閉じていません。
緑の部分で蓋をする感じです。
 

根元は茶色の糸で筋を表現。
 
これで完成です。
 

終わりに

 
1歳になり、畑に興味が出てきたようです。
 
普段はスツールの上に乗せて置いているのですが、指をさして「取って」と催促したり、つたい歩きができるようになった最近では、自力で畑の前に行って手を伸ばして野菜を抜き取ってました。
 
こういう姿を見ると、作ってよかったなーって思います。
 
この頃、いいか悪いか、顔色を伺うようにこちらを見ます。
 
根っこを引きちぎっていた玉ねぎを手に取りながら、ちらっとこちらを見ているので、
 
「根っこを取らないでね」
 
と言うと、
ぽいっと玉ねぎを投げ捨ててちょっとご立腹な様子。
ちょっと怒りますが、引きちぎることはなくなりました
 
言葉は分からなくても、「これはダメらしい」って、なんとなくわかってるんですね〜。
成長したなぁ。
 
赤ちゃんだと思ってたけど、あっという間に大きくなっていくのでしょうね。
 
 
実は今、新たな作品に取り掛かっています!
自分でも、フェルトがこんなに楽しいとは思いませんでした。
 
仕事復帰するので、少しずつしかできませんが、経過を載せたいと思います。