この度、母が大きな大きな断捨離をする事となりました。
 
 
なんと!自宅をまるまる、自宅ごと断捨離!
 
 
断捨離と言っても、住む家を完全に無くしてしまうわけではありません。今まで家族みんなで住んでいた大きな家から、一人用の小さな家へ引っ越すという事です。
 
 
私の父はすでに他界していて、現在、母は一軒家に一人で暮らしています。
 
 
間取りは5LDK!
 
 
庭もあるので、庭の管理もしなければならず、70半ばの母には管理が大変になってきたようです。
 
 
それに駅からかなり遠いのです。
車がないと生活できません。
 
 
車の運転も、そろそろ不安ですし、私が住んでいる都内の近くに引っ越してくれるとこちらも安心です。
 
 
という事で、今居る家を離れて、一人でミニマムに生活できる物件へ引っ越すことになりました。勿論、今の大きな家にある全ての荷物を持ち込むことなんて到底無理ですので、断捨離を急ピッチで進めることになります。
 

スポンサーリンク

マンションの内覧について行きました

 
都内の一人暮らし用のマンションを購入すると言っても、そんなにお金があるわけではないので、条件は限られてしまいますが、その中でもなかなかいい物件がありました。
 
 
内装は全てリフォームしたばかりでとても綺麗で明るく、母はすっかり気に入っていました。
 
 
他の物件もいくつか見ましたが、やはりその最初に見た物件がいいと。
 
 
幸いなことに、周辺の環境も生活しやすそうでした。
 
 
そして、何より駅から徒歩5分!
 
 
車がなくても生活できるという安心感がありました。
これで「買い物難民」になる事もありません。

「一軒家」という大きな断捨離、そして決断。生活は一気に楽に。

実家が無くなるという寂しさはありますが、一人で5LDKの家を管理し、生活するという大変さを考えたら、やはり正解だと思います。
 
 
せっかくのひとり身なら、身軽に管理が行き届く程度の物だけで生活したい!
 
 
それは母の夢でした。
 
 
決断した母はすごいと思います。
 
 
大きな大きな断捨離です!
 
 
自宅にある「モノ」を減らすという断捨離は、なんとかやれば出来るものですが、一軒家を断捨離となるとなかなか勇気が必要です。だって、そこには人生の大部分を過ごして来た何十年という思い出もありますから。

まとめ

母が郊外にある自宅をまるごと断捨離して、都内で一人暮らしをはじめることになりました。
 
 
正直、ここ数年で「自宅を売る」「やっぱりやめる」を何度か繰り返してきましたが、私は今の結果には大賛成です。
 
 
これで、母の色々な心配も少しはなくなり、距離的にも会いやすくなりました。これから引っ越し等大変ですが、できる限り手伝いたいと思います。